主婦を狙ったビジネスで売上アップ!
2017.09.19

主婦を狙ったビジネスで売上アップ!

ショッピング

世の中の消費の8割は女性が起点になっていると言われています。
それには、2つの理由があります。

1つ目は、女性の方が消費意欲が高いからです。

世界の消費の少なくとも64%以上を握っていると言われています(ボストンコンサルティンググループ「女性と消費に関するグローバル・サーベイ」2008年による)

なぜ、女性の方が消費意欲が高いのかは色々議論が分かれるところですが、実際に女性の方が消費意欲が高いです。

2つ目は、女性が直接的に消費するものだけではなく、男性の消費の中には女性の為の消費も多く、消費の8割が女性が起点となっている理由です。

美味しいもの、可愛いもの、おしゃれなものそう言った感性を刺激するものに女性は敏感に反応し購入し、男性は、女性に好かれるために女性が喜ぶものを購入すると言った図式が出来上がっています。

その為、世の中のトレンドは女性向けの物が多く、朝のニュース番組を見ても女性向けの商品やサービスの特集が多く、そのニーズの高さが伺えます。

女性の心を掴む事ができれば売上は伸びて行くことは容易に予測できます。

主婦をターゲットにすることで家庭の財布を掴めます

皿洗いする女性

主婦をターゲットにすることで、家庭の財布が掴めます。
それは、家庭の決定権を持っているのは主婦だからです。

主婦が家庭の金を自由に出来るという訳ではありませんが、家庭のために何が必要か?何を買うか?などを考えて検討するのは主婦です。

家や車の購入、子供の学習塾の選択、日常品の購入、家庭に関する消費の殆どを主婦が決めていることが多いです。旦那さんの洋服の決定権も主婦が握っていることもあります。

子供を、ママ友にXX学習塾が良いと聞いたから行かせたいけどどう思う?
と奥さんから相談された時、「いいんじゃない」「お前に任せるよ」そんな人が多いと思います。
そこに異論を唱えることがあるとすれば、そこの学習塾が良いかどうかではなく支払いが大丈夫かどうかと言うお金の問題ぐらいです。
金銭的な問題がなければ、奥さんの選択を否定しない人が多いです。

車でも同じ用に、主婦が決定権を握っている所が多いです。
実際に独身時代ずっとスポーツカーに乗ってた人が、結婚や出産を機にミニバンなどファミリーカーに買い換える家庭も多いです。
旦那さんの趣味の為にスポーツカーが買える家庭は、収入が高く資産が多い家庭ぐらいでしょう。

なぜ主婦が決定権を握っているのか?

打ち合わせする男女

主婦の方が家庭のこと、特に子供の事を考えている割合が高いからです。
旦那さんも家庭の事を考えていますが、家庭の為に自分がすることは稼ぐことが大切だと考えている人が多いです。その為、自分は仕事を頑張り家庭の事は奥さんに任せたいと考えています。

また、主婦の方が家庭に関するネットワークを沢山持っています。
ママ友ネットワークや学校とのネットワークも主婦の方が沢山あります。
PTA役員もほぼ女性で構成されています。

その為、主婦が持っている家庭に関する情報量は旦那さんと比べ圧倒的に多いです。
情報量の多い主婦が判断する方がより良いものを選べると言うのも、主婦が決定権を握る要因の一つだと言えます。

主婦の心を掴んで売上アップ

上記の理由から決定権を持っている家庭向けのサービスを取り扱っているなら主婦を狙うのがオススメです。
もちろんB to Bのビジネスなど主婦をターゲットに出来ないビジネスや、完全に主婦が関われないサービスもありますが、家庭向けのサービスなら主婦に受け入れられることで売上アップに繋がります。

また、女性はコミュニケーション能力が高く、口コミの影響を受けやすく口コミが広がりやすいです。
主婦は家庭に関するネットワークを持っている人が多く、主婦にウケるサービス展開ができれば主婦ネットワークを経由してサービスが広がる可能性も高くなります。

まとめ

家庭の決定権を握っているのは主婦です。
その主婦に上手くアピールできれば家庭の消費を囲い込む事が出来ます。

あなたの会社がもし売上が伸び悩んでいるなら、主婦をターゲットに出来ないか考えて見てください。

主婦向けのサービス開発にしても、主婦へのアプローチにしても主婦目線が大切です。
あなたの会社の従業員に主婦の人がいれば、その人に主婦たちはいったい何を考えていて、どんなサービスを求めているのか一度聞いてみるといいと思います。
主婦の気持ちは主婦が一番知っています。

そして、WEBを使って主婦へアプローチしたいならRoom8にお任せください。

CTA01
無料メール相談実施中
コンテンツマーケティングに興味がある人へ
御社に導入した時、具体的に何をしたら良いのかなどコンテンツマーケティングに関する様々な相談にのります。
申し込みはこちらから >>
関連記事

記事はありませんでした